ソフトウェア設計実践

Pocket

収録日:2019年3月12日
講師:大阪大学大学院情報科学研究所
特任教授 春名修介

導入 (2分42秒)

※クリックするとDVD内部の映像が再生

自己紹介
講義の概要・目的
本日の内容

1.ソフトウェア設計とは(4分42秒)

1.1 要求とプログラムのギャップ
1.2  ソフトウェア設計の位置付け
1.3 アーキテクチャ設計と詳細設計の関係
1.4 詳細設計と実装

2.アーキテクチャ設計とは(1) (2分40秒)

2.1 アーキテクチャ設計の位置付け
2.2 ソフトウェア・アーキテクチャの定義

2.アーキテクチャ設計とは(2) (5分33秒)

2.3 アーキテクチャ設計で行うべきこと
2.4 システムの構造を決める視点は様々
2.5 視点(View)の例
2.6 IEEE STD 1471-2000概念モデルにおける視点

3.アーキテクチャ設計手順(1)(2分13秒)

3.1 アーキテクチャ設計の手順

3.アーキテクチャ設計手順(2)(4分57秒)

3.2 アーキテクチャ設計に影響を与える要件
3.3 設計方針の例
3.4 その他の設計方針の例

4.アーキテクチャの表記(1)(2分24秒)

4.1 代表的な構造の表記方法
4.2 構造表記方法の例
4.3 詳細化構造の表現

4.アーキテクチャの表記(2)(2分36秒)

4.4 クラス図を使うときの注意点
4.5 表記法の例(過去の経験より)

5.代表的な構造の例(1)(4分22秒)

5.1 静的構造
5.2 機能ブロックの大きさ

5.代表的な構造の例(2)(2分22秒)

5.3 動的構造(並行動作)
5.4 静的構造と動的構造の整合例

6.文書化・周知(5分29秒)

– アーキテクチャ・ドキュメンテーション –
6.1 表現することの重要性
6.2 アーキテクチャ設計書の位置付け
6.3 アーキテクチャ設計書の記載項目例
6.4 視点整合例の紹介

7.構造の維持・改善(1分56秒)

7.1 構造の維持・改善

8.事例演習(紹介)(3分5秒)

8.1 例題:スマートガレージシステム
8.2 問題1:構造設計

8.2 問題1:構造設計(解答例)(5分1秒)

(1)解答例:静的構造
(2)解答例:動的構造

8.3 問題2:構造の維持・改善(51秒)

8.3 問題2:構造の維持・改善(解答例)(1分56秒)

(3)解答例:構造劣化を引き起こすケース

9.まとめ(2分59秒)

以上

 

カテゴリー: AiBiC